即日融資で30代に人気なのはこちら

即日融資に強いのは消費者金融

即日で融資をしてほしいという人が気になるのは、どれくらいの時間でお金を借りられるかという点ですよね。

 

このごろでは大半のキャッシング会社で、スピード審査をしているので金融会社によっては最短30分で完了します。

 

しかしカードローンでも銀行で借りるとなると、金利は低めの水準であるメリットはありますが、厳しい審査が行われるので時間が掛かるというデメリットがあります。

 

反対に消費者金融では、金利は高めというデメリットはありますが、すぐに審査が終わるというメリットがあるので、即日融資が必要な場合には最適なカードローンであるといえます。

 

100万円、200万円というような借入金額が大きい融資を考えているなら、金利は何よりも強く意識すべき内容です。
借り入れした金額が多ければほんの数パーセントの金利差といえども、請求される利息額がかなり変わりますからね。

 

ところが、10万円単位の融資の場合や即日での融資が希望なのであれば、銀行系の場合より金利は高くなりますが、審査スピードが優れる消費者金融がおすすめの選択肢です。カードローンを利用する理由や金額によって借入先を選ぶことが大切です。

 

銀行口座へ振込み融資をしてもらいたい場合、ネットバンクの口座であれば時間帯を気にすることなくすぐ入金が確認できますが、普通の銀行口座の場合だと、振込のタイミングによって入金反映のタイミングも変わります。

 

振り込まれた時間帯が夕方だと、実際に自分の口座に入金されるのは次の営業日という結果になります。

 

すぐに現金を手にしたいなら、夕方以降で即日キャッシングをしてほしいなら、よく見かける無人契約機を使うのがポイントです。

 

あらかじめネットを通じて申し込みを行い無人機での手続きを終わらせれば、即時にカードが発行されるので、その場でお金をATMから引き出すことができます。

 

この流れであれば、出張などで遠方にいるときなどでクレジットカードではなく現金が必要になった場合、当日の銀行振り込みが終了していてもお金を手に入れられます。

 

ネットで申し込みをし、それからキャッシングカードを自動契約機で発行するのが最も早く現金を手にできます。
消費者金融の中でも大手であれば、夜でも無人契約機でキャッシングができます夜でも即日で借り入れをしたいと思ったときには、WEB申し込みをしてから無人機へ行ってくださいね。

即日融資の審査はどうやっているの?

融資を受けるならば、何としても落とされてはいけない壁と言えば借入審査であると思います。

 

お金を貸したとして本当に返済できる人なのかという点を審査するのが最大の目的です。即日借り入れを申し込んでも借入審査に合格しなければ借り入れを行うことはできないので、最も重要なハードルなのです。

 

ここからのパートでは、ベールに包まれた審査の過程を簡単に解説をします。重宝するはずです。

 

キャッシングの審査はほとんどの場合、スコアリング審査という方式で申込者の返済能力をシステマチックに判別します。どういったシステムなのかというと、申し込んだ人の職業や居住環境(勤続年数や居住暦も大切!)、年収という属性情報をスコア(数字)として平準化した基準として表すもので、これまでの顧客情報データベースと照らし合わせ、本当にお金を貸しても大丈夫な人かを少ない労力で判別できるのが特徴です。

 

こうしたスコアリング方法の採用で最短で30分後には回答が出る即日ニーズへの対応とスタッフによる裁量融資が無くなり利便性が向上したことでキャッシング人口も増加しました。このようなスコアリング審査を通過すると、今度は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

JICCやCICという信用情報機関のデータを閲覧して、現在どれだけの借り入れ状況なのか、今まで債務整理をしていないか、返済の遅延が無かったか等の返済トラブルを調べます。そして、総量規制の対象となっているか否かを確かめる意図もあります。総量規制というのは自分の年収の3分の1以上の金額は借りられないという法律で、多重債務者の増加を抑制する事がこの総量規制の目指しているところです。

 

しかしこの総量規制に当てはまるのは貸金業法の管轄化にある「消費者金融と信販会社」のローンです。ごく普通のローン(教育・車・住宅など)については対象外として無視されます。貸金業法内の規制なので銀行からの融資も無関係です。

 

こういった審査に合格すると最終段階として「在籍確認」が行われます。在籍確認とは、本当に申請した会社に籍を置いているかを実際に電話をして確かめる最終審査です。必ず個人の苗字を名乗って電話がかかってくるので、キャッシングに申し込んだことがばれることはありません。

 

この在籍確認のときに仕事で外出していなかった場合でも、実際に会社に在籍していることが分かればそれで問題ありません。こうしたステップをクリアすれば、ほとんどのキャッシング会社でキャッシング契約成立となります。

 

借り入れ先によって微妙に違う点もありますが、このような流れが一般的な審査となります。全体像を把握しておけば金欠になっても慌てる必要はありませんね。